【開催レポート】2/9顎模型実習開催

2月9日顎模型実習開催しました。
デントレ受講者の方達からとても嬉しい感想をもらいました。
●デントレを受講していなければ歯科衛生士に復帰しなかったと思います。

デントレを始めて早3年目になります。延300名を超える歯科衛生士の方達とお会いしてきましたが
回を重ねる毎に続けることへの使命感を感じています。
開催側もより研鑽を重ねてよりよい講座を目指していきます。
次回の顎模型は4月19日でしたが、満席になってしまいました。その次5月17日(日)に開催決定しました。
少人数制もあり、満席になりやすい講座です。ご検討中の方はお早めにご予約くださいませ。

(受講者の声)
少人数のため、不安なこと、苦手なことをすぐ聞くことができ安心しました。
今までやらずにいたこともちゃんとやっていきたい。とてもわかりやすく、実習時間も長くあって助かりました。
また資料も見易かった。

シャープニングは学生の実習以来だったがやり方さえ覚えれば簡単にできるのだと実感しました。
SRPもエッジの掛かり具合が今ひとつだった気がしましたが、しっかりかかった時、歯石がパキッと取れる感じがわかりました。
プロービングも力がかかりすぎだと気づきました。答え合わせをして全然違う数字に唖然としたが、スピードも大切だが、今は一本一本身長に測っていこうと思いました。

臨床現場で毎日行なっていることでも、不安に思っている事をしっかり確かめることができた。シャープニングは未経験だったので今日教えてもらった事を毎日取り入れて完璧に自分の物にできる様にしたい。実際に行いながら教えてもらえるので分かりやすいし、しっかりみについている感じがあった。明日から使える事ばかりなのでやる気が上がった。楽しかった。

顎模型なので他のことに囚われることなくSRP,プロービングに集中できてよかった。普段の臨床では気づくことができなかった近遠心の歯石の取り残しも目で見て確認できアドバイスをもらって今後に生かしたいと思った。プロービング圧や正確なプロービング値を比較できたのもよかった。